よくある質問

Q&A

頬が乾燥してカサつき、赤ら顔になります。どうしたら赤みがひきますか?

カサついて赤くなるのには、乾燥と、皮膚の厚みが関係します。

もともと乾燥肌の方、もしくは乾燥肌になってくると、お肌の水分を保持しにくい状態です。

水分を保持することができず、乾燥が進行すると、水分や弾力が失われ、お肌自体が薄くなってしまいます。

すると、普段は見えない表面化下の毛細血管透けて、赤く見えます。これが、乾燥からくる赤ら顔の原因です。

特に、気温の変化(季節や室内外など)が激しいとき、身体が温まったときなどに、このような症状が見られやすいです。

 

この場合、軽い赤みであれば、しっかり基礎化粧品で保湿をすることで、改善します。いくら保湿をしても改善しない場合は、

保湿をしながらも、水分保持を自分ですることができるような状態にします。

つまり、保湿だけではなく、お肌の厚みをしっかりつくっていくお手入れが必要になります。

お肌に合わせたホームケア方法や、改善に必要であれば、サロンケアやホームケア用商品をご提案させていただきます。

まずは一度ご来店くださいませ。