よくある質問

Q&A

水を飲んだ方が良いとよくありますが、何故ですか?

人間の身体の水分は、新生児で80%、老人になると50%まで減少すると言われています。

この水分の量は性別や年齢によって必要な量がある程度決まっています。

成人女性の場合は55%、男性は60%が理想と言われています。健康な体では、多くなった水分は

便・尿・汗・髪、爪で、きちんと排泄します。足りない分は喉が渇きを訴えることで水分を補給します。

量にすると合計で2600㎖は、1日で老廃物と一緒に排泄されます。

出た水分は理想の水分量を維持しないといけません。

 

水分が足りないと

・喉が渇き、体内にある水分から補給をしようとし、乾燥を招く

・血液循環の悪化・集中力低下

・慢性的な疲労感・イライラ・不眠

・頭痛・火照り・手足の震え・呼吸困難

などの症状が出てきます。

 

反対に余分に増え過ぎると

・冷え

・むくみ

・慢性疲労

・メタボリック

・セルライト

と、いった多くの現代人が抱えている体のトラブルが出てきます。

 

水分を摂取し、排泄をすることで、体内の水の入れ替わりが出来「体内の浄化・毒出し」が行われます。

 

体質によって、また体格・体型によっても必要な水分量や、よりよい摂取の仕方が違いますので

KIARAのスタッフにご相談くださいませ。