よくある質問

Q&A

お酒や、甘いものを、摂取しすぎてしまった時の対処法ってありますか?

アルコールも甘いものも、摂り過ぎて一番気になるのが、体内のコラーゲンがどんどん破壊されて、

体の中に老化促進物質がたまっていく『糖化』という現象です。

体内で糖化が進むと、顔はたるみ瞼が下がり、体内では恐ろしいことに血管壁が壊されていくので、

血管がもろくなり、見た目だけではなく、体内も“老いた状態”になっていきます。

糖化は、日々の蓄積が起こすとっても恐ろしい症状です。

 

ここでは糖化を阻止できるものをお伝えします。

 

糖化の阻止力が一番強いのが 生姜 です。

生姜の糖化阻止力は93パーセントと言われています。

そして レモン です。

私たちの体はややアルカリ性にあるのが良い状態だと言われますがレモンは体内に入るとアルカリ性になってくれる食材です。

(酸性=錆びる・老化)

甘いものを食べた後に絞りたてのレモン水を飲むのもお勧めです。

また、腸のぜんどう運動も活発にするので便秘解消にも役立ちます。

そして シナモン です。

シナモンは毛細血管の老化を食い止める天然の食材なので、糖化でもろくなった血管に有効です。

1日上限小さじ1/4程度が目安です。

 

そしてKIARAでご案内している商品として、もっとも糖化を予防するものとしておすすめなのが

『MAJORの青汁プラス(30包3,240円)です。

これは九州の契約農家で作られた完全国産無農薬のヨモギや大麦若葉を使っていて、食物繊維はもちろんのこと、

コラーゲンもしっかり入っているので甘いものを食べる前や、お酒を飲む前に、この青汁を1袋飲むと、

『糖化の予防』が出来る!!という優れものです。

おやつ前や、外食前にもお役立て頂けます。ぜひカバンに忍ばせておいてくださいませ。

このような応急処置食材を覚えておくのも1つの手ですね。