よくある質問

Q&A

最近よく聞く界面活性剤とはなんですか?

界面活性剤とは、水と油のように混ざらないものを界面に働きかけ、水と油を馴染ませることができる物質のことです。

水と油をコップに入れると、混ざり合うことはなく境目ができます。この2つの物質の境の面のことを界面といいます。

このような水と油を馴染ませる働きを利用して、基礎化粧品やメイク用品には、よく界面活性剤が使われているのです。

役割としては、汚れを取り去ることや、美容成分を肌に浸透しやすくすること、乳液やクリームが分離しないように

安定させることなどがあります。

界面活性剤には何千種類もあり、その用途によって使われる種類も異なります。

界面活性剤はお肌に悪いイメージがありますが、肌に良くない影響を与える心配があるのは、

洗うことを目的とした洗浄力のある界面活性剤(洗浄剤)が主となります。

クレンジングや洗顔料に入っている界面活性剤は注意が必要です。

弊社化粧品のクレンジングや洗顔、乳液、クリームに使用されています「界面活性剤」は、

主原料は「ヤシ油」「パーム油」「菜種油」「ココナッツ油」などから作られている自然界のものを使用しておりますので、

安心してお使いください。