よくある質問

Q&A

妊娠をきっかけにカンジタ菌で陰部に痒みがでる事が増えてきました。対策はありますか?

カンジタ菌は私たちの誰もが主に腸や食堂、口腔に持っている常在菌であり日和見菌です。
日和見菌とは、腸の中が悪玉優勢だと悪影響を及ぼしてしまい、善玉優勢だと無害とされている菌のことです。
ストレスや疲れがたまったり、免疫力が弱ってしまうとバランスを崩し、悪玉菌に転じて増殖してしまいます。
そしてカンジダ菌の栄養源は、糖質、アルコール、パンやパスタ、小麦、イースト菌と似た性質をもつので、イーストが含まれる食品もエサになってしまいます。
カンジタ菌は糖質が大好きです。「糖質」の多い食生活をしてしまうと慢性的に増殖してしまいます。
対策としては、

  1. 増殖となる食品(糖質類)を控え、腸内環境を整えること。
  2. 繁殖を抑制してくれる、エクストラヴァージンココナッツオイル、にんにく、リンゴ酢、青菜、生姜を食事に取り入れる。
  3. 天然の酵素ドリンク(当店販売商品:Fas-Fas)を使っての「腸管のピーリング システム」は効果も高くとても有効。

    *スタッフ指導の元のファスティング(断食)や食事プログラム・マッサージを行います。

    体質とは自分で作るものです。体質を変えて日和見菌を味方につけていきましょう。